埼玉の多くの声が息をのむような大きな声になる瞬間。

喜びはイライラして雨が降る
(埼玉)
ジーンズ太ももと雨
(小倉山茂子)
いつも雨に包まれている
埼玉グルメ『船橋屋 鬼平江戸処店』

(埼玉)
折り畳まれたレインタオルの数
(対馬康子)
暴風雨の島の人のように
(丸山由紀子)
やがて死が死ぬのが見えない
(埼玉)

仕方ない
(種田サントカ)

さらに、言葉に触れていないときに沈黙を埋める大きな声として使用されています。

歌のtrapに同情する傾向もあります。
ただし、女性にも同じ制限時間があります。

その人とのうなずきも臭い

コメント
コメントする