ゆっくり歩きながら埼玉が教えてくれました。


次回ここを離れるとき
寝る時間です。


埼玉、私はそうだと思いました、

 

人々はそれほど簡単に死なない。

埼玉グルメ『船橋屋 鬼平江戸処店』

 


手術後に大学病院から出なければなりません
当然、化学療法。
一定期間の治療後
約束の人生の最後の旅に出かけましょう。
写真を撮る。 。


埼玉、
最後の緩和ケア病棟に移送する前に
3年かかりました。


彼女が亡くなるまでの年
私はすべての能力を使っていたと思います。
子供としての義務。
何より
私はまだそれを愛していました。


快適に死にたかった。

コメント
コメントする