............


〜夜明けの花火〜

埼玉割り切り
私は花火を数回上げました。

その時、それから、私にとって、大きな花...

見上げる人はエールを送る人
そっと見ている人がたくさんいました。埼玉の割り切り


「パン...!パン...


その間、いつも...いつも...埼玉の割り切り
複雑な状態で花火を見つめる女性。


見ないで

ただ…凝視。それでも...

......


彼女に会ったとき、私は横になりました。

ただ...彼女は深い考えです。


私はたくさんの笑い声と泣き顔を見ました。

以前、彼女は悲しい別れをした。

私はherりのある人には誰にも言わずに人形の日記を書きました。


彼女は人気になりました。

埼玉の割り切り


「結構です!私は人です...笑

……。

私は多くの考えを得ましたが、私は...

「ああ、彼女は終わった...」


お互いに...今回は、すでに...埼玉の割り切り
終わったと思う...笑

今、彼女は笑顔になりました。

埼玉の割り切り
不器用ながら必死に彼女の気持ちを伝えようとする
彼は日記を綴った。

彼女のような日記。

コメント
コメントする