埼玉

怪我と再生を繰り返した後、今や未知の硬度の皮膚で覆われているユニークなグラビモスの個人。その鎧のような外殻は、千の刃を持つドラゴンの刃にも貫通できないと言われています。また、体内に揮発性ガスを閉じ込め、口から放出したり、全身から噴出した直後に爆発したりします。

銀色の明るい埼玉

発電器官の異常発達により、一面に輝いているように見える海竜変異体。電圧が高すぎると染料が脱落し、外観が銀色になり、激しい電気刺激によりテンパーが極端に荒れます。その猛烈な埼玉と幅広い行動により、現在では危険な「ゾーン」と見なされており、「ジン・ブライト・エリア」という名前で恐れられています

くにいても
私たちの声が届きますように
迷ったら

 

コメント
コメントする