荷物を新しいタコに運んで、失われた部屋を見ると、最初に生計を立てた時の記憶が復活し、胸であなたの胸を締めるのは痛いでしょう。
まず、この埼玉は「女性」として借りるために借りた部屋です。
だから、この部屋の記憶にはいつも "女性"が...。
いろいろなことがありました。
楽しいものやものも。
埼玉は、布団やテレビがなく、堅い床でそれらを保持し、私の体が痛くて痛いと言っている寒い部屋で寝ていました。それはそれ以前の現象ですか?
その時、私はそのような汚いことを考えず、明るい未来を想像して、私と一緒に買い物をしていきました...少しずつ物事を少しずつ整理しました。埼玉は安堵しました

そしていま ...............

1人は失われた部屋にとどまります。

秩父市が自衛隊に除雪要請→埼玉県がそれを断る。理由が平和ボケしてない?

コメント
コメントする