私は川沿いを歩いていて、人工の甘味料のような味の硬いソーダ風味のグミを噛んでいました。
最近走り出した筋肉のない背中が勇敢に追い越します。名古屋の出会い

季節は5月で、夜のシフト後は木々の緑が鮮やかに輝き、葉っぱが眩しい。

ウォード製の頑丈な塗装されていないコンクリートのベンチがあり、私は座った。
目の前で水面をチャプチャプと屋形船が揺れています。向かいの銀行には、大きさ、色、年が異なるマンションやビルがずらりと並んでいます。

私が川を見ている間、人々は何度も私の後ろを逃げます。

いくつかのベンチが並んでいて、私のようにベンチに座って川を見ている人もいます。

彼らは失礼だったが、むしろ無法者の雰囲気の中でベンチに座って日々を過ごしているようだった。

通常はベンチに座っている人と、最近その後ろを走り始めた人。
それは対照的でした。

私は立ち上がり、再び川沿いを歩いた。名古屋の出会い
ソーダ味を噛みながら。
ビジネススーパーに行ってきました
何も欲しくてがっかりして家に帰ってきた。名古屋の出会い

みんな一緒に考えています。

チーズケーキ、大福、チュロス本当に欲しかった?
 の友達宅に泊まりました名古屋の出会い
清水寺に行ってきました。

途中でファンを扱うお店に立ち寄りました。名古屋の出会い

コメント
コメントする