私が昨日やり遂げたことを繰り返すかのように、私はまた公園でボートをしていました。


"埼玉は入るつもりですか?"


"うん...まあ...明シャオハハイのハード...私を与えて..."


私の目の前で交尾する男性と女性。


一方、埼玉はもはや嫉妬や羨望を感じませんでした。


その女性。それに比べて、それは鳩のような女性です。


...多分埼玉はそう思って私の誇りを保った。


蝉や雨はウサギやコーナーだと私はよく言いました。


彼の前にいる男性は、雨が降るのと同じように、激怒する勢いで挑戦していました。


求愛のパターンは様々です。

埼玉の蕎麦屋『ひらい』

コメント
コメントする