どこでも衣服を売るような...

「そんなことはできないといいね!」

"あなたはかわいいですね、あなたじゃないの?"

埼玉はバランスを失っていた。

"埼玉はそれがそのような子供だとは思わなかった(-_-;)

"内容は忙しいです..."

眼は応援の声よりもマイナスになり、三木代は下がった。

"あなたはもっと泣いていた"

「もう一度私を見せてください」

騒々しい...騒々しい... 埼玉

何千人もの訪問者や友人...みよしは一人でいっぱいだと感じていました。

三好は薄い白い手首を見つめた。高校に入る前のように...不安、孤独...

それは私が思っていたよりも傷ついていない...

さいたま市の漢方バー『KANPO煎専堂』が話題

 

コメント
コメントする