もそれは責任の問題です。


それは非常にばかばかしいようだった。


あなたは私のことをどう思っていますか?

私は尋ねられた、


あなたは埼玉を言っている
私が渡すことができないもの
です。


しかし、リーダー
私はその考えを聞いていない
私は埼玉も言えません。
いいえ。

私が答えたので

良い気分で


私は見たくなかった。

なぜそんなこと


目を覚まして覚えている

埼玉。


正義は常に正しい

埼玉『いも恋』

コメント
コメントする