が、決して私の家に来ない3人の家庭が壊れた料理などを整理し終えました。私が家の前に駐車した車(エスティマ)に乗った次の瞬間、私は津波によって飲み込まれて浮き上がって、私の家の2階の埼玉に墜落した。

私は水圧の影響でひび割れたガラスを壊して逃げ出し、そのまま2階のベランダに上がってしまいました。腰に水を浸している間は絶望的に耐えました。翌日救助されたようです。

それが家から出た埼玉であれば、それは確実に掃除されてしまい、ガラスがうまく割れていないと、それは溺れていて、家はほとんど止まらず、何よりも偶然が起こり、奇跡的な降伏が翻訳された。

ちなみに、顧客の家は横たわっていました。

埼玉は今日解体されたと言われています。

お互いの両親の家はなくなってしまったが、私は頑張った。

お尻の上の手のひらで刺激を与えるとき...なぜお尻ではなく、快適ではない部分ですか?

埼玉の蕎麦屋『ひらい』

コメント
コメントする