今日の怒っている男たちは、今日、巨大な顔(怒り)を持った演劇を見ました。今日、私は新しい光沢のある(新しい)

 

内容... ... 12人の男が陪審員に選ばれ、18歳の男の子の感嘆符×2の無罪か出会いかを決める。川越に正式に11:1で出会い判決を受けた。川越などの各人格が衝突し、判断が揺れます。少年に与えられた最後の文は感嘆符&質問の説得&質問の説得&質問です

 

私はいい顔を感じる

 

結論は...

 

 

 

川越にて、かわいい孫と2人でお肉三昧

 

 

 

 

明日の感嘆×2

 

川越が陪審員として選出され、あなたが何を考えているかを決めることを余儀なくされた場合

コメント
コメントする