風が吹っ飛んだ埼玉
永遠に青い目の子供たち
永遠に鋭い子供たち
埼玉は今どのように感じるか教えてくれる

私はいつもこのように感じることができたらいいと思う

泣いて疲れたので涙も枯れた

私は出なければならない
さいたまトリエンナーレ2016

私は大丈夫でなければならない
私は生きていると感じることができます

アリアナ・グランデ
20代後半の人々はかなりクールです
私は男になることに興奮している
クールな人がいなかったので
私はただ私に郵便を与えることを嬉しく思う
寒いとすぐに手足が冷えます。

埼玉、私は会社から戻ってくる途中で缶コーヒーやアズキ豆を入れました。

もちろん、そこにいた人がいました!

最後のアズキは缶を飲むときはいつも気になります。

私はそれを残すことなくそれを食べたいazuki! !

コメント
コメントする